ブラックジャック ルール ベーシックストラテジー

MENU

ブラックジャックのルールと遊び方

カジノゲームの中でも特に欧米を中心に人気があるのがブラックジャック(BLACK JACK)です。

 

ディーラーとプレイヤーがHAND(ハンド)という手の良し悪しで勝負を決めるテーブルゲームで

 

配られたカードの合計が21に近い方が勝ち(ただし21を超えたら負け)

 

というルールです。ハンドが21の時を「ブラックジャック」と呼びます。

 

同じテーブルで複数のプレイヤーがプレイしますが、対戦としては一対一で、相手はデーラーです。

 

カードの数え方は特殊で、エースのカード、つまりは数字の1のカードは1としても扱えますし、11としても扱えます。絵札のカードは全て10として扱います。数字の2〜10までのカードは、そのままの数字で扱います。

 

 

ブラックジャックの遊び方

まずプレイヤー(自分)は賭け金を決めてベットし、ディール(ゲーム開始)します。

 

 

最初にプレイヤー、ディーラー共に2枚のカードが配られます。プレイヤーのカードは2枚とも表向きになっており、ディーラーのカードは1枚が表向き、もう一枚は裏向きに伏せられています。ディーラーの表向きのカードはアップカード、裏向きのカードはホールカードと呼ばれます。

 

2枚のカードを見た時点で、プレイヤーは「HIT(ヒット)」「STAND(スタンド)」「SPLIT(スプリット)」「DOUBLE DOWN(ダブルダウン)」などのアクションを決めます。

 

最も基本的なアクションは、「HIT」(もう一枚引く)と、「STAND」(引かない)です。

 

ただし、もしディーラーのハンドが21の場合はその時点で勝負が決まります。自分のハンドが21なら引き分け、21でなければ負けです。

 

最後に双方のカードが開かれディーラーかプレイヤーのうち21に近い方が勝ちとなります。ただし21をオーバーしたら「BUST(バースト)」と呼ばれ、ディーラの手に関係なく負けです。

 

勝った場合は賭け金と同額の配当がもらえます。引き分けの場合は賭け金はそのまま戻ります。

 

・・・というのがブラックジャックのおおまかなルールです。

 

(スプリットとかダブルダウンとかは耳慣れないかもしれませんが、それ以外はおなじみですね)

 

ブラックジャックの戦略

さて、意外に知らない人が多いのは、
ブラックジャックは「ディーラー(親)は機械的にプレイする」
という点です。

 

実はディーラーの動きは決まっていて、カードの合計が17未満ならもう一枚引く、17以上なら引かない、という決まりです。ディーラーは一切駆け引きをせず、ただ機械的にゲームを進めるだけです。

 

このため、「ディーラーの手は、必ず17〜21かBUST」になります。

 

つまり、自分の手は16も14も同じ、
特にディーラーがBUSTしそうなときは、無理にカードを引く必要はありません。

 

ブラックジャックの基本は、まず「ディーラーがBUSTしそうか」を考える事です。

 

このためプレイヤーの戦術はある程度決まっています。
それが「ベーシックストラテジー」というものです。

 

ブラックジャックのベーシックストラテジー

ベーシックストラテジーはブラックジャックの基本戦術です。

 

ベーシックストラテジーを簡単に言えば

  • 自分のカード
  • ディーラーのカード

を元に「どういったアクションを取るべきか?」まとめたもので、下記のような図表で表されます。

 

 

ぱっと見ややこしいかもしれませんが簡単で、

 

例えば・・

  • 自分のカードが「12」、
  • ディーラーのカードが「6」

の時は「スタンド」(カードを引かない)、というのが基本的な戦略ということになります。

 

尚、表の内容はデック数(カジノで使用するトランプの数)によって若干異なります。(が、多くの部分は同じなので、この表でプレイしてみるのも手です)

 

私はオンラインカジノに登録しているので、
ベーシックストラテジー表を参考にしながら実際に勝負することもあります。下記はその様子です。

 

オンラインカジノ実践日誌(ブラックジャック編)

 

※オンラインカジノなら表を見ながらプレイしても恥ずかしくないので使えますよー(^^;)

 

 

【注意】ベーシックストラテジーだけでは勝てません!

 

勘違いしないで欲しいのは、ベーシックストラテジー表があるからと言って
それだけでは勝てません。

 

ベーシックストラテジーはブラックジャック攻略の基本知識です。

 

ベーシックストラテジーで負けにくくはなりますが、実際に稼ぐには「勝負どころの見極め」「賭け金の上げ下げ」「座る場所」などなど様々な要素が絡みます。やはり経験や勘がものを言います。

 

また、ベーシックストラテジー表は、デック数(52枚1組のカードセット)によって若干変わることも注意が必要です。

 

まあ基本は同じ部分が多いので、このまま使っても勝率は上がると思いますが
一応、レポートの表がマカオのカジノにピッタリ適合というわけではないことには注意して下さい。

 

カジノのテーブルでの初心者注意点

マカオのカジノで実際にブラックジャックのテーブルにつく際は、ちょっと注意が必要です。

 

というのは、ブラックジャックでは、自分のアクションによって他のプレイヤーの結果が変わるので、上級者は下手なプレイヤーが同じテーブルにいることを嫌からです。

 

また注意したいのは席順で、特に一番下の席(一番最後にカードが配られる席)には要注意です。この席のプレイヤーの次にディーラーがカードを引きます。つまり、この席のプレイヤーのアクションはダイレクトにディーラーのハンドに影響します。(つまりテーブル全体のプレイヤーの勝敗に影響します)。

 

よっぽど自信がある場合を除き、この席は避けて座りましょう。

 

これら点で初心者にブラックジャックのテーブルは他のテーブルと比べると少し敷居が高いかもしれません。ルール(遊び方)くらいは把握してしてから参加するのがおすすめです。

 

あるいは他に客のいないテーブルでプレイするのも手ですね。
親切に教えてくれるディーラーもいます。

 

 

オンラインカジノのブラックジャック

オンラインカジノにも様々なブラックジャックゲームがありますが、
中でも面白いのは、実環境でプレイできるライブプレイです

 

 

 

 

(オンラインカジノのライブプレイ)

 

 

リアルですよね。

 

本物のディーラーがいるテーブルからライブ中継されていて、
自宅ネット環境で、この画面上でプレイします。

 

他の席には自分以外のプレイヤーも座っており、
まるで実際のカジノにいるかのような臨場感があります。

 

上にも書きましたが
この実戦環境でベーシックストラテジー表を片手に練習して、本番に挑むのもいいと思います。

 

 

尚、オンラインカジノは100円程度の低レートでプレイできるのがメリット。

 

マカオでは、レジャーホテルのカジノに行ってブラックジャックをプレイししようと思うと、最低レート300HKD(約4500円)の所がほとんどでした。つまり1回勝負するのに4500円も必要で、これはなかなか気軽には遊びにくい。

 

しかしオンラインの方は$1(約100円)から勝負でき、本番前の練習にも最適です。
(もちろん万単位で賭けることもできます)

 

上の画面は私も実際に登録しているカジノ倶楽部ジャパンのもので、
ここのブラックジャックは遊びやすいと思います。

 

カジノ倶楽部ジャパンは初めての人にわかりやすい非常に遊びやすいカジノだと思います。


ゲームは全てブラウザ動作クレジットカード入金も出金も可能のため楽に開始でき、また完全に日本語化された管理画面はとてもわかりやすい。


またオンラインカジノはサポートが重要ですが、ここのメールサポート(日本人スタッフ)はとても丁寧で、実際に私がやり取りした中では間違いなく最上位です。


このカジノ倶楽部ジャパン、総合的に見てとても遊びやすいカジノだと思いますよ。


テーブルゲーム、スロット他、日本語で遊びやすいゲームが多数揃ってます!


↓↓ 登録はこちらから ↓↓ 

→ 実際に登録する際の手順はこちらにまとめています

関連ページ

スロット
海外カジノでのスロットマシンのやり方やルール、勝ち方にについて解説しています。カジノのスロットは日本のパチスロとだいぶ異なり、大当たり(ジャックポット)も大きな魅力です。
ルーレット
マカオカジノ旅行に行く前にゲームを覚えよう!ルーレットのルールや遊び方、攻略法などについてまとめています。
バカラ
バカラはカジノのテーブルゲームの中で最も人気があるゲームの一つ。マカオのカジノで一番白熱しているこのバカラのルールや遊び方、罫線を使った楽しみ方についてまとめています。バカラはルールが単純で還元率もよく手堅い勝負ができるゲームです。
シックボー(大小)
シックボー(大小)は3つのサイコロを使ったカジノのテーブルゲームです。ここではシックボーの基本的な遊び方やルール・配当についてまとめています。マカオカジノ旅行に行く前にシックボー(大小)のルールを覚えよう!
カリビアンスタッドポーカー
マカオカジノへの旅行が決まったら。カジノ初心者のためのカジノの基本をまとめたサイトです。