バカラのルール 楽しみ方 罫線

MENU

バカラとは?

 

マカオのカジノで最も白熱しているゲームがバカラでしょう。

 

マカオと言えばバカラ!というくらい、マカオでバカラのテーブルは盛り上がっており、
沢山の中華系がテーブルに群がっているその熱気に圧倒されます。

 

私も以前はテーブルゲームと言えばルーレットでしたが、今はバカラの方が面白く
オンラインカジノでもちょくちょく勝負してます。

 

判ってしまえばなんてことはない超単純なゲームですが、
何もルールを知らずにバカラのテーブルに参加するのはちょっと厳しいところなので、、

 

ここではカジノでのバカラのルールや楽しみ方を解説していきます。

 

バカラのルール・遊び方

バカラの基本ルール

(バカラのテーブルイメージ)

 

バカラのルールは簡単で、

  • プレイヤーが勝つか
  • バンカーが勝つか

を予想するだけのゲームです。

 

図の様なテーブルの1〜7の空いてる席に座ります。

 

自分の座席の前に「プレイヤー」「バンカー」と書かれたエリアがあるので、どちらが勝つかを予想して、そこにチップを置きます。BETした方が勝てば配当が得られます。

 

※ここでいうプレイヤーは自分の事ではありません。

 

バカラは自分のカードとディーラーのカードで勝負するゲームではなく、「バンカー側カード」と「プレイヤ側カード」のどちらが勝つかを予想するゲームです。ブラックジャックの用にプレイヤーひとりひとり(自分)にカードが配られるわけではありません。

 

 

カジノでのバカラの遊び方(BET方法)

オンランカジノの画面を使って、実際のバカラの遊び方を説明していきます。

 

1.テーブルに座る
 まずはテーブルに座って現金をチップに交換します。

 

2.ベット
 バンカーかプレイヤーかどちらが勝つかを予想して、
 自分の席の前にある「バンカー」「プレイヤー」「引き分け」好きな場所にベットします。

 

 (自分の席が4番だとすると、チップを置けるのは黄色いエリア)

 

3.カードオープン
 全員のベットが終わったらプレイ開始です。
 バンカー用に2枚、プレイヤー用に2枚カードが配られて、カードがめくられます。

 

4. 勝敗
 カードの合計数によっては、カードがもう1枚引かれ、
 最終的にカードの合計が9に近いほうが勝ちです。

 

 

 ・・左がプレイヤーのカードで、右がバンカーのカード。
   つまり、図はプレイヤー5、バンカー9なので、バンカーに賭けていれば勝ちです。

 

 

勝った方に賭けていた場合は勝ち。
勝った場合の配当は1倍(BET金額が2倍になって払い戻し)です。
(実際にはもう少々細かく、後ほど解説します)

 

 

バカラを実践してみます

実際にバカラをプレイした様子です。(オンラインカジノで勝負しています)

 


バカラのテーブルにつきます。

 


プレイヤーに$10ベットしました

 


プレイヤー、バンカーに2枚ずつのカードが配られます。まずはプレイヤーのカードオープン。

 


プレイヤーのハンドは7ですね。
次にバンカーのカードがオープンされます。

 


バンカーのハンドは4ですね、
この場合はバンカーにもう1枚配られます。
(※カードの配られ方詳細は後述しますが、基本的にディーラーが勝手にやってくれます)

 


バンカーの3枚めは8。
バンカーのハンドは2になりました。(10の位は無視して考えます)

 


プレイヤー7,バンカー2で、プレイヤーの勝ちです。

 

プレイヤーに$10賭けていたので、$20の払い戻し。

 

 

 

・・・

 

といった感じで進みます。

 

ハンドに応じてディーラーから自動的にカードが配られるので、
ゲーム中に自分で判断することは何もありません。ただたカードをめくるだけです。

 

というルール単純なゲーム。
しかしカードがめくられる瞬間は、同じテーブルにいるプレイヤー全員で一緒に盛り上がるんです、これが。

バカラのルール(もう少し詳細)

バカラのカードの数え方

カードの数え方ですが、1〜9はそのままの数字、10と絵札はゼロとして数えます。

 

全てのカードを合計して1の位を見ます。
合計数が9に近ければ近いほど強い手です。

 

数字の合計が10を超えた場合は10の位は無視します。もし合計が14なら、その手は4です。

 

(ブラックジャックと違って10を超えても関係ありません。右上の場合、プレイヤーの手は4、バンカーが6です)

 

この数え方でバンカーとプレイヤーの手を比較し9に近い方が勝ちです。

 

尚、スート(スペード、ハートなどのマーク)も関係なく数字のみで判断します。合計数が同じ場合は「引き分け」になります。

 

 

バカラの配当

どちらが勝つかの1:1予想なので、当たった時の配当は1倍です。

 

ただしバンカーに賭けて当たった場合は、コミッションを5%とられるルールです。例えば$10賭けた場合の払い戻しは$19.5です。

とは言え、現実的に毎回5%の計算は現実的に難しいので、実際のカジノでは「バンカーのハンドが6で勝った時は配当が半分になる」というルールを採用しています。

 

つまりバンカーに$10賭けて勝ったけど、手が6の時は、払い戻しは$15です。(たしかマカオもそのルールだと思います。。)

 

どちらに賭けた場合も、引き分け(タイ)の場合は賭けたお金は戻ります。
タイに賭けることもでき、当たった場合は配当8倍です。

 

バカラの戦略・楽しみ方

バカラの還元率

まずは還元率です。

 

  • バンカー:98.94%
  • プレーヤー: 98.76%
  • タイ(引き分け): 85.64%

 

バンカーに賭けて当たった場合に、コミッションが抜かれますが、
3枚めのカードはプレイヤーが先に引くので、わずかにバンカーの勝率が上になってます。

 

このため還元率はどちらもさほど変わりません。

 

還元率自体も悪くはありません。
ほぼ5割の勝率で、理論的には1勝勝ち越せばほぼ必ずプラスにもっていけます。

 

でも勝てない時は不思議と全然勝てないので・・
流れが悪い時は深入りしないのがベストですね。。

 

尚、タイ(引き分け)の還元率は見て通り悪いので、あまり頻繁に賭けるのはおすすめしません。他に「プレイヤーのカードがペア」の様なサイドベットもありますが、これも滅多に賭けないと考えてよいでしょう。

 

 

バカラはどうやって予想する?

プレイヤーが勝つかバンカーが勝つか、
勝敗はほぼ1/2ですから、当たる確率は五分五分。

 

適当に賭けてもいいんですが、それでは面白くなく、普通は「過去の出目」から予想します。

 

過去勝敗が出ているのがこの部分。

 

 

赤(B)がバンカーの勝ち、青(P)がプレイヤーの勝ち、緑(T)が引き分けを表します。

 

左上から始まって下に進み、一杯になったら右列に移ります。
(直近の5ゲームは、P、P、P、B、Bですね。)

 

 

あとコレもあります。

 

 

これは「バカラの罫線」と呼ばれるもので、同じ結果を表しています。

 

こちらも左上から始まり下に進みますが、連勝が途絶えた時点で右の列に移ります。
(やはり直近の5ゲームは、P、P、P、B、Bですね。)

 

 

この罫線を見ながら「流れ」を読んでベットしていくのがバカラの楽しみ方です。

 

 

例えばコレの場合、

 

 

ほぼ規則的に(最大3連勝止まりで)勝敗が切り替わっていて、
まだバンカーの3連勝はありません。

 

私なら次はプレイヤー(青)に賭けます。
もし次もバンカーでバンカー3連勝なら、その次はさらなる期待値でプレイヤーの番に思えます。

 

・・といった風に予想していくことができるわけです。

 

 

バカラのカードの配られ方

バカラはカードの配られ方が決まっているのが特徴で、
自分に「引く」「引かない」の選択権はありません。

 

全てディーラー任せなので楽は楽ですが、ルールを知っておくとより楽しめます。

 

そのルールですが、

 

カードは最初にバンカー、プレイヤーに各2枚配られます。
そしてその合計により3枚目のカードを引くか引かないかが決まります。

 

プレイヤーの動き

合計が8〜9: ナチュラル(相手は3枚目を引くことができない)
合計が6〜7: 引かない(スタンド)
合計が0〜5: もう一枚引く

バンカーの動き

合計が8〜9: ナチュラル(相手は3枚目を引くことができない)
合計が7: 引かない(スタンド)
合計が6:プレイヤー3枚目のカードが0,1,2,3,8,9以外ならもう一枚引く
合計が5:プレイヤー3枚目のカードが0,1,2,8,9以外ならもう一枚引く
合計が4:プレイヤー3枚目のカードが0,1,8,9以外ならもう一枚引く
合計が3:プレイヤー3枚目のカードが8以外ならもう一枚引く
合計が0、2: もう一枚引く

 

〜もう少し詳しく理解したい方(表にするとこんな感じ)〜

 

:バンカーは3枚目を引かない
:バンカーは3枚目を引く


 

まず最初の2枚で「ナチュラル」(8か9)が出た場合はそこで勝負が決まります。相手は3枚目のカードを引くことができません。

 

そうでない場合に、上記のルールに従って3枚目のカードが配られます。プレイヤーが先で、次がバンカーです。

 

カードを「もう一枚引く」「引かない」といった選択権は実際にはなく、ルールに従って機械的に進行していくのが特徴です。

 

まあ、最初からカードの配り方を覚える必要はないです。

 

カードはディーラーが自動で配りますし、
基本的にカードオープンはディーラーがやります。我々はそれを見るだけです。

 

つまり基本的にカードに触ることはありません。

 

 

、、と言いつつ、マカオではちょっと異なり、

 

もちろんカードを配るのはディーラーですが、カードオープンができます。

 

(カードのオープン役は、基本的にそのゲームで一番高額をBETした人です。)

 

 

カードオープンの際は、一気にめくってもよいですが、グイッとカードをひんまげてじわじわ確認するのが楽しみ方で、これを「バカラの絞り」(スクィーズ)といいます。

 

 

この瞬間を味わうのがバカラの醍醐味とも言えます。。

オンラインカジノのバカラを楽しむ

オンラインカジノのライブバカラもなかなかリアル。
実際のカジノの迫力とまではいかないものの、遜色ない生の雰囲気を味わえるので、私もよくプレイしてます。

 

特に私のお気に入りは上にも画面を載せたゲーム=カジノパリスのバカラで、

 

このゲームは、テーブル全体だけでなく、様々なアングルから
手元やカードをドアップで写してくれます。めちゃくちゃ臨場感が高いゲームです!

 

 

 

※「絞り」(スクイーズ)の瞬間も楽しめます

 

※さらに「絞り」を自分で行えるゲームまで登場!

 

 

実際、1〜2万の資金ならマカオのテーブルより勝負しやすいと思います。

 

というのはマカオの大型ホテルのカジノはテーブルゲームのミニマムが高すぎます。1勝負だけで3000円以上飛んでしまうので、1万程度の資金では話になりません。

 

しかしこのゲームは最低100円からなので、1万でも十分戦略立てできます。

 

このゲームはエンパイヤカジノカジクラベラジョンにあり、私が最もプレイするゲームの1つ。
下記に私がカジクラで実際に勝負した様子を乗せてます。

 

オンラインカジノ実践日誌(バカラ編)

 

カジノ倶楽部ジャパンは初めての人にわかりやすい非常に遊びやすいカジノだと思います。


ゲームは全てブラウザ動作クレジットカード入金も出金も可能のため楽に開始でき、また完全に日本語化された管理画面はとてもわかりやすい。


またオンラインカジノはサポートが重要ですが、ここのメールサポート(日本人スタッフ)はとても丁寧で、実際に私がやり取りした中では間違いなく最上位です。


このカジノ倶楽部ジャパン、総合的に見てとても遊びやすいカジノだと思いますよ。


テーブルゲーム、スロット他、日本語で遊びやすいゲームが多数揃ってます!


↓↓ 登録はこちらから ↓↓ 

→ 実際に登録する際の手順はこちらにまとめています

 

 

関連ページ

スロット
海外カジノでのスロットマシンのやり方やルール、勝ち方にについて解説しています。カジノのスロットは日本のパチスロとだいぶ異なり、大当たり(ジャックポット)も大きな魅力です。
ブラックジャック
ブラックジャックのルールや戦略について簡単に説明しています。ブラックジャックではディーラーの動きは機械的に決まっているので、ベーシックストラテジーという戦略があります。これはまず知っておくべき基本です。
ルーレット
マカオカジノ旅行に行く前にゲームを覚えよう!ルーレットのルールや遊び方、攻略法などについてまとめています。
シックボー(大小)
シックボー(大小)は3つのサイコロを使ったカジノのテーブルゲームです。ここではシックボーの基本的な遊び方やルール・配当についてまとめています。マカオカジノ旅行に行く前にシックボー(大小)のルールを覚えよう!
カリビアンスタッドポーカー
マカオカジノへの旅行が決まったら。カジノ初心者のためのカジノの基本をまとめたサイトです。