カジノスロットマシンのやり方や大当たりを解説|マカオカジノ旅行に行く前に

MENU

カジノのスロットマシン

スロットマシンはカジノで最も代表的なゲームの一つです。

 

今やスロットマシーンの無いカジノは存在しないくらい定番で、実際にスロットマシーンの導入を嫌がった伝統あるヨーロッパのカジノは衰退していった、、とも言われるほど。

 

もちろマカオのカジノにも沢山あります。

 

 

カジノのスロットは遊び方も簡単(現金を入れてレバーを引く※ボタンを押すだけ)なので、始めての人でもすぐにプレイできます。日本のパチスロのような目押しも必要ありません。

 

スロットの魅力をざっと挙げるなら

  • スキルや経験がいらない(誰でもできる)
  • 言葉がわからなくても大丈夫(ディーラーとの絡みがない)
  • 少額からプレイできる
  • 種類が多い
  • 一攫千金があり得る ※高額賞金ジャックポット

 

・・・といったあたりでしょうか。

 

 

私もカジノでは必ずと言っていいほど打ちます。
※海外カジノにはなかなか行けないのでオンラインカジノでもちょくちょく打ちます。

→オンラインカジノ実践日誌(スロット編)

 

 

このページでは
カジノ(海外)スロットのやり方、レート、大当たり・・などについて解説していきます。

 

カジノスロットの遊び方(やり方・レートについて)

それでは
カジノの「スロットマシン(ビデオスロット)」の遊び方を紹介していきます。

 

遊ぶ台を選ぶ(賭け金・レートについて)

まず注意点として、カジノのスロットは賭け金(レート)が一定ではないことです。

 

日本のパチンコ屋のスロットはどの台も賭け金一律(コイン1枚20円)ですが、カジノのスロットはマシンによってレートが異なります。

 

レートはマシンに表示されています。

  • 0.1 HKD ※約1.3円
  • 0.5 HKD
  • 1 HKD
  • 2 HKD

 

レートは「1ラインあたりの賭け金」を表します。
そしてスロットは複数のラインに賭けるのが普通です。

 

日本のパチスロでもメダル3枚入れてプレイしますが、
カジノのスロットの場合、機種によってライン数が異なります。

 

このため、スロット台を選ぶときはまず

  • レート(1ラインあたりのBET金額)
  • ライン数

を見て、1プレイあたりの賭け金を把握します。

 

 

つまり、

 

カジノスロットの1プレイ(1回転)あたりの賭け金 = 「レート*ライン数」

 

です。

 

たとえば、レートが$0.1で、50ラインの機種なら、1プレイ$5かかります。

 

 

基本的な遊び方

操作は機種によって若干異なりますがほぼ同じです。
下記のようにプレイします。

 

<カジノのスロットの写真>

 

 

1.コインや紙幣をマシンに入れる
最近のスロットマシン(ビデオスロット)は大体写真のような形で、マカオのカジノでは「香港ドル(HKD)紙幣」や「小銭」をそのまま投入してプレイします。入れた金額がクレジットとして表示されます。

 

2.ラインあたりに賭ける金額を指定する
写真の黄色で示した部分が「賭け金変更ボタン」です。
まずこれで1ラインごとの賭け金を指定します。

 

通常は1倍でよいですが、レートの2倍・3倍の金額を賭けることもできるので、その場合は「2」「3」といったボタンを押します。

 

3.スロットを回す(賭けるライン数を指定)
写真の赤で示した部分が「実際にプレイするボタン」です。
ココを押すとスロットが回転します。

 

 

「1」「5」「25」と複数ありますが、これはカジノのスロットでは賭けるライン数を指定してプレイするためです。「1」を押すと1ラインのみ賭けた状態、「25」を押すと25ライン数を賭けた状態でのプレイとなります。(※一般的には全ラインに賭けるのが基本なので、図の機種なら「25」を押してプレイします)

 

それから右の「PLAY」というボタンは「前回と同じレート・ライン数でプレイするボタン」で、ここを押してもスロットが回転します。「1」〜「25」のボタンでプレイし続けてもいいんですが、「PLAY」の方が押しやすい位置にあって便利なので通常はこちらを使います。

 

4.スロットが回転して止まる
PLAYボタンを押すことで、スロットが回り、勝手に止まります。
※日本のパチスロのような目押しは必要ありません

 

賭けたラインに絵柄が揃うと賞金が得られ、クレジットが加算されます。

 

・・・という流れでプレイを続けます。1プレイ毎に賭け金(レート*賭けたライン数)が使用されます。

 

 

5.清算ボタンを押す(プレイを終了する)

やめたいタイミングで精算ボタンを押します。
残っているクレジット分のコイン(またはお金に両替できるチケット)が出てきます。

 

 

スロットのラインについて

賭け金はライン数*レート

上に書いた通り、1回転あたりの賭け金は賭けたライン数とレートによって異なります。

 

 

例えば上記のような機種だと・・

 

  • レート : $1
  • ライン数 : $20

ということで、(20ライン全部に賭ければ)賭け金は$20になります。

 

※ライン数が何本あるかは画面からもわかります。(画面の左右をよく見ると、@とかAとか数字が並んでます。ここから全20ラインの機種であることがわかります。)

 

 

全てのラインに賭けるのが基本!

「20ラインって、どんな並びだ・・?ヨコ、ナナメだけじゃないの?」

 

カジノのスロットは、ライン並びに様々なパターンがあります。

 

〜20ラインのパターン〜

 

20ラインもある機種の場合、単純な「横1列」や「斜め」だけではなく、
ジグザグったり波形だったり、、という感じです。

 

BETしたライン上に図柄が揃うと、賞金が得られます。

 


(10が3つ揃ったところ)

 

 

通常、複数ラインにベットしてプレイしますが、

 

一般的には全てのラインに賭けるのが基本で、これを「MAXベット」といいます。

 

基本的には「常にMAXベット」でプレイします。何故かと言うと、賭けてないライン上にフリーゲーム絵柄が出て泣くことなったり、そもそもMAXベットしないとジャックポットが出ない機種もあるためです。(もちろん「1ラインだけ」「5ラインだけ」と変化をつけて打つ事もありますが、、通常は全ラインに賭けます。)

 

だから台を選ぶ際は「レート」と「ライン数」の両方を見て予算にあったものを選びます。

 

レートが安くてもラインが多い機種があって、そういう機種は一回の賭け金が高いので注意です。(中には、100ライン、200ラインという強烈な機種もあります)

 

 

PAYTABLE(ペイテーブル)画面

カジノのスロットは、絵柄が揃えばそれに応じた賞金が得られます。
どの図柄でどれだけの賞金が出るかは「PAYTABLE(ペイテーブル)画面」で確認できます。

 

 

・・例えば、
左上の金髪女性が5人揃うと、BET額の1000倍、
左上の金髪女性が4人揃うと、BET額の500倍・・・という感じですね。

 

黄色で示した「スキャッター」は、ボーナスステージ(フリーゲーム)に入るための図柄を表します。

 

スロットの大当たり(ボーナスゲームとジャックポット)

スロットの大当たり(ボーナスゲーム)

スロットの通常の大当たりは「フリーゲーム」(ボーナスゲーム)というものです。

 

スロットの中に「スキャッター」(SCATTER)と呼ばれる図柄があり、これが3つや5つ揃うことでこの大当たりが発生します。

 

当たり方は機種によっても異なりますが、だいたい

 

「スキャッターが3つ出れば無料スピン15回転獲得!」

 

というのが定番です。

 


(下記はスキャッターが3つ揃ったところ)→フリーゲーム獲得

 

フリーゲームでは勝手にスロットが回転し、絵柄に応じた賞金が出ます。

 

フリーゲーム中はワイルドカードの出現が増加したり、揃った図柄の賞金が2倍3倍10倍と増える演出があったりで、大きな絵柄が揃やすくなっています。

 

 

スロットの大当たり(高額賞金ジャックポット・JACKPOT)

さらにカジノのスロットにはもう一段上の大当たりがあり、それが超高額の大当たり「ジャックポット」(JackPot)と呼ばれるものです。

 

ジャックポットにも

  • ジャックポット
  • プログレッシブジャックポット

と2種類あって、凄いのはプログレッシブの方ですね。

 

プログレッシブジャックポット付きの機種は同じ系列の何百台ものマシーンが全てセンターに繋がっていて、そこでプレイする人達が使ったの金額の一部がジャックポット賞金として溜まっています。

 

そしてその賞金があるタイミングで誰かに出ます。これが(プログレッシブ)ジャックポットです。数百万、数千万といった金額にもなり得るとてとてつもない賞金で、まさに一攫千金です。

 

ジャックポットの出方は様々ですが、ジャックポットゲームというゲームが突然始まり、そのゲームをクリアすることで賞金獲得という感じです。

 

プログレッシブじゃない方は1台のマシンで完結しており、賞金約5万円〜30万円あたりが一般的。こちらは比較的出ます。

 

 

一瞬で一攫千金が望めるジャックポットは日本のパチンコ・パチスロにない魅力。
滅多に入らないジャックポットゲームが始まると、、もう興奮MAXすね。

 

マカオのスロットの印象

 

マカオのカジノには何十何百種類というスロットがあります。大きなカジノに行けば最新のプログレッシブジャックポットマシンがド派手に並んでとても華やかです。

 

私自身スロットも好きなのでよくプレイはするんですが、、どーですかねーマカオは。。これまでラスベガス、オーストラリア、ニュージーランドなどの各国のカジノを見てますが、マカオはどっちかというとテーブルゲームの方の活気が目立ちます。

 

マカオは各ホテルにカジノがあるのでカジノの数がとてつもないですが、中小ホテルのカジノのスロットは、あんまり出てるのを見た事ないですね。地方の出ないパチンコ屋の感じ。それほど活気もなくお客もまばらです。

 

大型ホテルは少し違います。サンズ、ウィンマカオ、ベネチアンなどは非常に活気があり、私はそのあたりで打ちました。マカオには2回行き日単位での1〜2万勝ちはありますがトータルでは少しマイナスです。(サンズでしこたまやられました。。)

 

そんなマカオでスロットをやる場合ですが、資金は最低5000円以上かと思います。まずはやはり場の活気を見た方がよいかと。活気のないカジノ(ブース)で打ってもどうですかね。出ないと思いますけどね。。

 

また設定(があるのか実際のところわかりませんが)がいい台は、経験上、出続ける傾向にあると感じるので、誰かが大きく出して辞めた直後なんかはみんな避けますが、僕は必ず狙います。

 

 

オンラインカジノのスロット

スロットは種類が豊富でマカオにも数多くのスロットがあります。
例えばこんなのが典型です。

 

 

 

オンラインカジノの方もスロットは豊富で
むしろこちらの方が多いか。最新機種がどんどん登場します。

 

 

 

 

 

オンラインカジノの方は全て無料でプレイすることができ
もちろんお金を賭けて勝負することも可能です。

 

(賭け金も予算に合わせて調整できます。)

 

 

では、カジノのスロットって実際にどんな感じで出るのか?

 

私がエンパイアカジノでお金を賭けて勝負した時の様子を、下記で画面付きで紹介しています。

 

オンラインカジノ実践日誌(スロット編)

 

マカオのカジノのテーブル臨場感がそのまま自宅に!!


数あるオンラインカジノの中で、ひときわユニークなのがエンパイアカジノです。


テーブルゲームの種類が他のカジノと比べて圧倒的で、とことんテーブルゲームで勝負する方にお薦めしたいオンライインカジノです。(このカジノの紹介記事


  • ブラウザ動作
  • クレジットカード入金
  • 日本人スタッフによるサポート

のため、すぐに開始することができ


本物のディーラーのいるライブテーブルはテーブル数で他を圧倒、スロットも数十種類あり

まるで世界中のカジノのテーブルをハシゴするような遊び方ができます。


↓↓ 無料登録はこちら ↓↓

ブロック

→ 私もプレイするカジノで、登録手順はこちらにまとめています!

 

※今回は「エンパイアカジノ」で勝負しましたが、スロットならむしろ「カジノ倶楽部ジャパン」や「ベラジョンカジノ」の方が充実しててよいですよー

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ブラックジャック
ブラックジャックのルールや戦略について簡単に説明しています。ブラックジャックではディーラーの動きは機械的に決まっているので、ベーシックストラテジーという戦略があります。これはまず知っておくべき基本です。
ルーレット
マカオカジノ旅行に行く前にゲームを覚えよう!ルーレットのルールや遊び方、攻略法などについてまとめています。
バカラ
バカラはカジノのテーブルゲームの中で最も人気があるゲームの一つ。マカオのカジノで一番白熱しているこのバカラのルールや遊び方、罫線を使った楽しみ方についてまとめています。バカラはルールが単純で還元率もよく手堅い勝負ができるゲームです。
シックボー(大小)
シックボー(大小)は3つのサイコロを使ったカジノのテーブルゲームです。ここではシックボーの基本的な遊び方やルール・配当についてまとめています。マカオカジノ旅行に行く前にシックボー(大小)のルールを覚えよう!
カリビアンスタッドポーカー
マカオカジノへの旅行が決まったら。カジノ初心者のためのカジノの基本をまとめたサイトです。